寄贈規程

寄贈されるかたは下記の規約に同意されたものとみなされます。ご不明点はこちらまでお問い合わせ下さい。ご希望に添えない場合もございますこと、あらかじめご了承下さいませ。

  • 第1条 (目的)

    特定非営利活動法人置戸ぽっぽ絵画館(以下「絵画館」という。)は、当法人の定款に定める、目的、及び事業の達成のために、美術作品(以下「美術品」という。)の所有者から寄贈の申出があったとき、この規程の定めるところにより、寄贈を受け入れることにする。


  • 第2条 (寄贈の申出)

    美術品の所有者は、当該美術品を絵画館に寄贈しようとするときは、美術品寄贈依頼書(様式1号)を提出し、理事長の承認を受けなければならない。


  • 第3条 (所有権)

    前1条の規定により寄贈され美術品(以下「寄贈品」という。)は、絵画館に所有権があるものとする。


  • 第4条 (証書の交付)

    絵画館は、寄贈品を受領したときは、美術品寄贈品証書を交付し、寄贈者を顕彰するものとする。


  • 第5条 (展示について)

    絵画館はその年に寄贈された美術品の保管をし、展示にふさわしいことが認定された作品は、適時、絵画館で展示・公開することとする。


  • 第6条 (寄贈品の返還)

    寄贈者はしかるべき理由がある時は、寄贈をやめることができる。その旨の申しでがあった場合は、速やかに絵画館は寄贈者に美術品を返還するものとする。ただし、この場合の返還のための経費は寄贈者の負担とする。


  • 第7条 (搬入経費について)

    寄贈作品の、絵画館への搬入経費は寄贈者が負担するものとする。


  • 第8条 (寄贈品の模写等)

    絵画館は、寄贈品について模写、撮影を行い、これらの結果を公刊することができる。


  • 第9条 (寄贈品の売買等について)

    絵画館は寄贈品について、一切の販売、及びそれらに関わる斡旋等は行わない。


★美術品寄贈依頼書(様式1号)はこちらPDFファイル

| TOP↑ | 編集

| PAGE-SELECT |