NPOとしての初めての試みです!

ワークショップ フライヤーのコピー

ご案内の通り、開催致します・・ とても楽しい時間になると思います。
10日を目途して申し込みを受けつけしています, 難しく考えないで~ 参加してみませんか? 棚町宜弘氏・・楽しい方ですよ!

| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

秋の空です・・

秋祭り・・そんな季節となりました。 町内では神社神輿やら獅子舞やらで、実りの秋を迎えている~そんな感じです。

そんな中、突然、彫刻家の木田 詩子様より連絡がありました・・ 「 雲の門番 」を寄贈下さり、今年も置戸に来てくれた木田様です。
雲の門番

「新宿紀伊国屋書店にて現代短歌社フェアが開催されており、木田が担当した雑誌のバックナンバーが一同に並べられております。お近くへ行かれる際には、お立ち寄りいただければ幸いです。 ※フェアは10月中旬まで開催されております。」 とのことでした。
紀伊国屋


置戸からは行くことは難しいですが、お近くの方は是非とも、行ってみて下さい~!

| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

すっかり秋の気配・・

本州では異常なほどの猛暑に豪雨にと、大変な夏だったようですが・・北海道はアッという間に夏が過ぎ去ったような秋空になっています。 もう一度は30度超えも有るのでしょうが、すっかりと収穫の秋となっています。

棚町宜弘さんのメイン展示も、あと2か月ほどとなりました・・
そんな中、棚町さんからの提案のあった「絵画教室」的なワークショップを10月21日(日)に開催予定となりました!

都市の仄光 30号F
            都市の仄光  30号F

詳細はまだ確定していませんが、一日間での開催です。勿論、棚町さんと一緒してのワークショップです。
スケッチブックもクサカベ絵具の甲賀さんが30冊も寄贈下さいました。 どのように開催するかは乞うご期待ですが、NPOの活動の一つとして、意義あるモノにしたいと考えて居ます。 今回、紹介の作品のような素晴らしい作品が描くことが出来れば凄いことですね・・ 何よりも、楽しい時間になれば良いと思っています。

| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

棚町 宜弘さん~来町!

棚町さんがスケッチ旅行で北海道へ来られ、その途中で来られました・・今回は稚内、宗谷岬~朱鞠内湖などを廻ってきたとのことです。また、今回の展示にプラス2点の作品を持ってきて下さいました。 そして、秋にまた来るので~と、その時に「ギャラリートーク」でも出来れば良いですね~と。

棚町1

棚町2

そんな打ち合わせの中で、置戸の放課後児童保育園に通っている小学生が、是非とも画家さんのお話を聞きたいと! 急遽、子供たち向けの「ギャラリートーク」が始まりました! 
子供たちは、棚町さんの実技での水や雲の書き方を観て、ビックリです~! 勿論、慣れた話し方にも、すっかり関心を持ち、目を丸くして聞き入っていました。 とても刺激を受けたことだと思います。 置戸小学校は小規模校のため、専門の美術の教員は居ません。
本物の作家さんを目の当たりにして本当に感激したようです。 秋に、もっときちんとこのような「トーク」或いは教室が開催出来れば良いと思います。 これもNPOとしての一つの大きな役割だと思っています。 (自分自身、実際に描くのを観て、その描き方に感動しました!、これは子供だけでは勿体ないとも・・)

| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

豪雨の夏祭りを終え・・

置戸最大の夏祭り「人間ばん馬」大会も豪雨に見舞われましたが~無事に終わり、「ぽっぽ」も賑わいを終え少しばかり落ち着いた雰囲気で作品が見られるようになりました。

今回は古田 恵美子様の作品の紹介です。 昨年、5点の作品を寄贈頂きました。その中の一番大きな作品です・・
暁(ママチの鉄道官舎) 31,7×78,5 油彩 キャンバス
     暁(ママチの鉄道官舎) 31,7×78,5 油彩 キャンバス

鉄道官舎とありますが~置戸ぽっぽ絵画館も旧駅舎時代は周りに鉄道官舎が立ち並び、多くの国鉄職員やその家族が居たものです。 蒸気機関車が走っていた時代ですが、売店まであったのです~懐かしく思われます。

| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

| PAGE-SELECT | NEXT