棚町 宜弘  2点目です・・

開場のホール、一番目に付く所に展示しています。 これまた圧巻の作品です!

流るる
           「 流るる 」 150号 

こんなに大きな作品~どのように描くのでしょうか? 離れて観ないと全体像は見えないはず・・それなのに描くことが出来る。 立てたまま描く? それとも床にパネルを寝かせて、上に乗りながら? きちんとご本人から聞いておくべきでした・・・ とにかく、これもまた凄い作品です!

| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

寄せられたコメント

新しくコメントを投稿する

そのまま公開されます

タイトルを入力してください

当ホームページからの返信等に使用する場合があります

いたずらや誹謗中傷の類はよしてください

あとで自分のコメントを編集/削除したい場合は入力

PREV | PAGE-SELECT | NEXT