オホーツク海に流氷接岸!

流氷が来ると、この道東地域は本来の寒さになる~と、言われています。 「しばれる!」と言う言葉がついつい出てしまいます! 歩く足音もギュギュっと鳴るんです。 先日は関東地方でも雪が降ったとテレビでみましたが、今年は本当に異常な冬ですね~春が待ち遠しいです・・ 

さて、今回はお一人だけ3点出ている画家さんがいます、その作品を紹介します。

ご本人からは100号という大きな作品を寄贈して頂きました。
子供達に
         「子供達に・・」  100号F 油彩


次の2点はお二人のコレクターさんから寄贈されたものです。

想い
      「想い」 8号大  鉛筆素描


トルコ石の耳飾り
   「トルコ石の耳飾り」 48×38  水彩


この画家さんは木原和敏さん、日展の会員でもあるそうです。 「日展」の会場で作品の絵葉書が一番売れる画家さんらしいです。 そんな人気と実力のある画家さんの作品がこの「置戸ぽっぽ絵画館」にあるということが不思議に思うと同時に感動さえしています。 なにせ100号という大きさには圧倒されてしまいます! 是非、絵画館に来て本物を観て下さい。

| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

寄せられたコメント

新しくコメントを投稿する

そのまま公開されます

タイトルを入力してください

当ホームページからの返信等に使用する場合があります

いたずらや誹謗中傷の類はよしてください

あとで自分のコメントを編集/削除したい場合は入力

PREV | PAGE-SELECT | NEXT