2年目~ 大盛況です!

11月の2年目の展示以来、多くの方々に来て頂き大きな評価を頂いています・・
やはり、平澤先生の作品は圧巻でして正面入口の「あなたの隣の向こう側」100号S は皆さんが素晴らしい!!と感激しています。 先日は画廊宮坂の宮坂さんが「一人~ぶらりバスの旅」と称して7度目の置戸来町でしたが、初めてこの作品を目の当たりにして「将来、近代美術館で所蔵したい!」と言い出すのでは?とさえ言っておられました。 

ここ2ヶ月ほど「日展」の審査のことについての報道が多々ありますが、審査委員の木原和敏さんは1円も貰ってないと・・そして、今回「特選」に選ばれた伊東正次さん(二年目も展示中 老椿図の作者)も1円も払ったりしていないと~ そんなお話をされておりました。 僕には「日展」などとはよくわからない世界ですが、何れにしても、そんなに素晴らしい作家さんの作品が置戸にあることが、この二年目になっても信じられないのです! 今回、5名の新規の方からの寄贈がありました・・勿論、展示してあります。 それも、素晴らしいものです!

書き込みが疎かになりがちです、反省ですが~ 平澤先生の作品から、おいおい紹介して行きますね。

| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

寄せられたコメント

新しくコメントを投稿する

そのまま公開されます

タイトルを入力してください

当ホームページからの返信等に使用する場合があります

いたずらや誹謗中傷の類はよしてください

あとで自分のコメントを編集/削除したい場合は入力

PREV | PAGE-SELECT | NEXT