平澤作品展示スペース 入口に・・

先生の略歴と共に展示してある作品です。 前回の「あなたの隣の向こう側」とは、「墨」の作品ということもあり、全く違った作品です。

8月のHANA
          8月のHANA   190x96 墨 

額はステンレス?なのか素晴らしいもので額装されています。ただ、アクリルに証明が反射して写真が上手く撮れません。真ん中に白く光っているのは照明の光です~ 展示してからの作品の写真撮影は難しいです。

画題からすると、8月に咲く花を描いているのだと想像するのですが・・ 何度観ても、わかりません!
ただ、作品の大きさと迫力、そして計算して書き込んでいるであろう細かな線や点の書き方に、おそらくは相当の時間が必要なのだろうと~ そんな事に感動てしまいます。 2005年の作品だそうですが、月日を経ること~それは作者自身の感覚の変化、変遷でもあると言うことなのでしょうか・・・それとも、単に「墨」での作品だから~ということなのでしょうか? ますます奥深い。 

| コメント:1件| 投稿する | TOP↑ | 編集

寄せられたコメント

平澤先生の「8月のHANA」アップ有難うございます。凄い作品ですね。墨でもその迫力に驚かされます。たまげました。

by カズ [2014/01/28] ≫| 編集/削除

新しくコメントを投稿する

そのまま公開されます

タイトルを入力してください

当ホームページからの返信等に使用する場合があります

いたずらや誹謗中傷の類はよしてください

あとで自分のコメントを編集/削除したい場合は入力

PREV | PAGE-SELECT | NEXT