久しぶりに東京へ・・

やはり、東京へ来たならば「画廊宮坂」に顔を出さなければいけませんよね!? つい、先日も宮坂さんには置戸まで来て頂きお世話になったばかりなのですが~何となく、画廊には居ないだろうな?と思いつつ、足は銀座へ・・何か、不思議な「家に帰る~」みたいな気分で。 タイミング良く、寄贈頂いている「川口茜漣」さんの個展も開催されているとのことでしたので。

川口茜漣
坂本泰漣 [観月] 50号P パネル・紙・アクリル・墨

初年度に既に寄贈頂いていた作品です・・寄贈者様は奥様であり、今回「二人展」をしている「川口茜漣」様からです。画廊には川口様がおられて、ほんの短い時間でしたが、ご挨拶だけ出来ました。 宮坂さんのブログによると、旦那様の坂本泰漣様は展示会中は毎日、三重の自宅まで帰るのだとか~ 理由が分かりました!奥様である川口様はとても美人の方です・・なるほど!です(笑)

本当に短い時間で、大変申し訳なかったと思い、宮坂さんにはご迷惑を掛けたなと・・ そんな想いで一杯です。(自宅から飛んで来てくれたのです!)   色々な経験をさせて頂きます! 昼食をご馳走になり、 向かいの画廊「はくび画廊」へ連れて行って頂きました~ これまた、摩訶不思議な世界でした・・社長の加藤様は年に2度は北海道に来ているとか?置戸にも来て「ぽっぽ絵画館」を観て来たとも。 お若い社長様なのに、とても高価(僕には解読不可能)な作品があり見せていただきました。 聞いた金額にビックリです!! 流石に「銀座」だなと。 絵画の世界は本当に理解不可能です! そんな作品群が置戸にあるのだな~と、戸惑いです。 来週は岩橋さんが、置戸に来られます。 これまた、不思議なご縁の始まり?でのことのようです! 詳細は後日、報告いたしますが・・・ ある意味、何の知識もないままに始まった寄贈絵画館ですが、今更ながらに、凄いところに入り込んでいるのでは?と思っているところです・・・


| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

寄せられたコメント

新しくコメントを投稿する

そのまま公開されます

タイトルを入力してください

当ホームページからの返信等に使用する場合があります

いたずらや誹謗中傷の類はよしてください

あとで自分のコメントを編集/削除したい場合は入力

PREV | PAGE-SELECT | NEXT