不思議なご縁の始まり・・

またまた、何とも摩訶不思議な事がおきました! 美術(絵画)の世界とは、どのような世界なのか? 普通の生活をしている者にとっては信じられない事が多々おきます・・ 今回も正に宮坂さんのフレーズではありませんが「~は、小説よりも奇なり」です。
フィルム
          北海道新聞に掲載されました

今回、岩橋さんに寄贈して頂いた作品 「シェナ 80号 F 水彩」です。 最初の展示時には額にアクリルを付けてありました・・ 

シェナ 80号 F 水彩
 アクリルに光が反射し細かな線までは見えにくい状況です

これを今回の「無反射フィルムを貼ったガラスと交換すると・・
シェナ 80号 F 水彩 2
ほぼ完璧に裸で展示しているように! いや、それ以上に絵画が浮き上がってくるように見えます・・

写真で、ハッキリと紹介できない事が残念です! 今回、岩橋さんの作品6点と他に5点、この無反射ガラスを入れました。
本当に素晴らしい、ガラスです。 日本では最高の技術を駆使して出来たフィルムだそうです! 一枚あたり20万円近くの価格だそうです、ビックリです! フィルムを開発している「日油」様、そして今回、ご尽力いただいた「油脂製品」様~ また、旭川からガラスを加工し組み込みに来て下さった「旭川東栄ガラス」様・・皆様のお陰です。 こんな、とても不思議な?と言いますか、色々な方々からのご好意で「ぽっぽ絵画館」は成り立っています。 どうしてこの「ぽっぽ絵画館」が始まり、そして運営されているのか? そんなことへの共感を得てのご好意です! 本当に感謝!感謝!です・・
 このフィルム貼りのガラスだけを観に来ても価値が在るとさえ思います!!

| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

寄せられたコメント

新しくコメントを投稿する

そのまま公開されます

タイトルを入力してください

当ホームページからの返信等に使用する場合があります

いたずらや誹謗中傷の類はよしてください

あとで自分のコメントを編集/削除したい場合は入力

PREV | PAGE-SELECT | NEXT