またまた凄い作品が!!

既に「PAPER CONSTRUCTION 」を寄贈して頂き、そして、先日来町頂いた小林範夫先生が、単独で来てくれました。 そして、今度は 「風の精霊」 という大作を寄贈頂きました!! 組み立ては難しいとの事から、自ら組み立てていただき無事に展示する事が出来ました・・・
風の精霊1
           190×212×21 鉛筆、・ 木 ・ 紙

風の精霊2

ケント紙の表面を鉛筆で塗り込み、金属のような重量感を与えている~と、そんなことを小林先生は言われていました。また、製作中に東北の大震災があり、多くの被害にあわれた方々への追悼の念も込め、この題目にしたとも。 
絵画館の1番目立つ場所に展示してあります。 凄い威圧感? いや、存在感? うん・・何とも言い様がありませんが、この迫力には圧倒されます! 大きさは勿論ですが、それだけではない作品に込められた、「何か?」を感じます!! スリット状に空いた部分から「風が吹き込む~」そんなイメージなのだとも~ 本当に、こんな展示場所で申し訳ないような気がしてしまいます・・

| コメント:0件| 投稿する | TOP↑ | 編集

寄せられたコメント

新しくコメントを投稿する

そのまま公開されます

タイトルを入力してください

当ホームページからの返信等に使用する場合があります

いたずらや誹謗中傷の類はよしてください

あとで自分のコメントを編集/削除したい場合は入力

PREV | PAGE-SELECT | NEXT